前へ
次へ

不動産を選ぶ時には担当者との相性も重要

物件を選ぶ時に重要なことは情報収集能力もありますが、不動産の担当者との相性もあります。
親切丁寧に物件の情報や地域の情報を教えてくれる人もいれば、そうではない人もいるからです。
事務的に対応を行い、契約を何とかさせようとしてくる担当者もいるので、見極めるための目を養うことが大切です。
担当者の性質を見極めるためには、電話をしたりメールをして対応をみるといいです。
即時対応をしてくれる人もいれば、日がたって対応をしたり、いろいろな対応力を見ることができます。
いい物件を選ぶことも重要ですが、いい担当者に巡り合うことができれば人生において物件選びに苦労することがなくなります。
一生の付き合いができると思うほどの担当者を見つけることが、物件選ぶにおいて最も大切なことです。
人を見る目をしっかりと持っておくといいでしょう。
いい担当者が見つかったあとの物件探しは、条件をリスト化しておいて渡すだけで終わります。
条件に当てはまる物件の情報が送られてくるので、気に入ったものを見つけましょう。

Page Top