前へ
次へ

不動産を取得した場合には早めに登記をする

一戸建ての家を購入したり相続により取得するケースがよくありますが、特に不動産会社から購入した場合には早く登記をする必要があるのでこの点は十分に注意することが大切です。
不動産会社から一戸建ての家を購入する場合には当然お金を支払うことになりますが、お金を払えばその家は自分の物になり後は何もする必要はないと考えている人がけっこういます。
また登記をしなければならないことは知っていても急ぐ必要はなくゆっくりやっても差し支えないと考えている人がいますが、それは甘い考えで出来るだけ急いで登記をした方が無難です。
滅多にないことではありますが仮に購入した建物を不動産会社が他の人に二重に譲渡してしまった場合には例外を除いて登記を先にした人がその土地を取得することになるので、始めに不動産会社にお金を支払っても対抗することができなくなります。
ですから後々トラブルに巻き込まれるのを防ぐためにも、一戸建ての家を購入した場合にはなるべく早く登記をするようにした方が良いです。

Page Top